妊婦さんの胃痛の症状はストレスが原因?

目次

妊婦さんの胃痛について

妊娠時期の胃痛は、他の不調も重なることが多く、乗り切るのが大変辛いものです。まず初期のつわりの時期には、気持ち悪さで食を受けないため、胃が荒れて胃痛を起こすことがあります。また、たびかさなる嘔吐で胃の粘膜が荒れて痛みを引き起こすことがあります。胎児への影響が懸念されるため、自分の判断で市販の薬を摂ることはおすすめできません。定期検診の際に先生に相談すると妊婦さんに適した弱い薬を処方してもらえるので、その方が安心です。
妊娠後期に入ると、つわりはおさまってきますが、お腹の赤ちゃんが大きくなり、胃を圧迫し始めるので、食事をとると痛みを感じることがあります。この場合には、一度にたくさんの量を食べず、食事を小分けにしてとるようにすると、胃が押されるのを避けられるので、痛みが発生しにくくなります。マタニティ時期には普段よりも体のトラブルが起こりやすいものですが、上手に対処して、母子ともども元気に過ごしたいものですね。

引用元-妊娠していても安全な胃痛の治し方教えてください。【Doctors Me体験談】

妊娠初期にはストレスが妊婦さんに発生しやすい

妊娠初期と言う時期には、様々なストレスが妊婦に発生しやすくなります。
妊娠初期は、胎内で赤ちゃんを育てていくための様々な症状が身体的・精神的に妊婦に生じるため、ストレスを感じやすくなるのです。
そうすると、ホルモンの関係で子宮が収縮しやすくなり、それが原因で腹痛をもたらすことがあります。
しかも、妊娠初期の腹痛は、流産の原因にもなりやすいために、注意が必要です。
 
妊娠初期にストレスによって腹痛を起こすのは、慢性的なストレスによって、自律神経の働きが乱れてしまうことによるものです。
また、強いストレスが続いていると、妊婦の身体の血流が悪くなり、胎盤へ流れる血流も悪くなることがあります。
更に、腹痛によって下痢をしたり、便秘や下痢を繰り返したりする症状が出ると、妊婦の体力が消耗し、食欲不振などの症状に陥ってしまうことがあります。
そうすると、胎児への影響が懸念されます。
胎児の成長が止まったり、或いは無理をしすぎて早産になってしまうことがあるのです。

引用元-妊娠初期にストレスを受けると腹痛がありますが影響はありますか? | 胃の不調 119番 -胃腸炎/胃痛/胃もたれなど-

妊娠初期の妊婦さんはストレスによる胃痛に悩まされることも

つわりは、妊娠4~7週目くらいから始まり、12~16週目くらいで落ち着いてくる方がほとんどですが、実はつわりが起こる原因はまだはっきりとわかっていません。

ひとつの説として、プロゲステロンという黄体ホルモンが関係しているといわれており、妊娠初期にプロゲステロンが多量に生成されることで、胃腸の働きが弱まります。プロゲステロンは妊娠を維持するために必要なホルモンで、子宮を拡げる役割がありますが、その一方で、胃酸の逆流を防いでいる筋肉の弁もゆるめてしまい、胃酸が逆流しやすくなって、胸焼けや胃のむかつき、吐き気を感じてしまうのです。

もともと胃腸が弱い方は、プロゲステロンの分泌によって、胃の調子が悪くなり、胃痛が起こりやすくなるというわけです。

さらに、妊娠中はストレスが溜まりやすい時期でもありますが、ストレスを感じると自律神経が乱れるのも問題のひとつです。胃酸をコントロールしている自律神経が乱れることで、胃酸が過剰に分泌されるだけでなく、胃酸から胃を守る粘液の分泌が減ってしまい、胃痛が起こってしまうのです。

引用元-妊娠初期の胃痛の原因と正しい対処法 | ヘルスケア大学

妊娠中期に起こる胃痛について

子宮が大きくなるにつれて、胃や腸を圧迫するようになり、様々な不快症状が表れることがあります。その一つとして良くあるのが、胃が圧迫されることにより起こる胃痛や胸やけです。キリキリとした痛みはストレス性のものもありますが、主に食道と胃の境界にある括約筋が緩みやすくなって胃液が食道下部に逆流してしまうことによって起こる症状といえます。

逆流性食道炎、胃潰瘍など、しっかりとした治療が必要な場合もありますので、あまりに胃痛がひどい場合はお医者さんに相談してみましょう。

引用元-【妊娠中期のよくあるマイナートラブルを何とかしたい…】 症状別まとめ|welq [ウェルク]

胃痛やウトレスに効果があるツボ

体の不調に効果があると言われる、ツボ押し。胃の不調に効くツボは意外にもたくさんあるのです。コツをつかめば道具を使わずにできるのもうれしいポイントですよね。

1.胃腸の働きを高める「中脘(ちゅうかん)」

おへそとみぞおちの真ん中に位置するツボです。胃腸の働きを助けてくれるので消化不良にも効果的です。ただし、食後に押すのは避けましょう

2.胃の不調全般には「兪(いゆ)」と「脾兪(ひゆ)」

消化機能を整えたり消化促進に良いのが兪(いゆ)と脾兪(ひゆ)のツボです。背中側、胃の裏付近にある背骨の横にある兪(いゆ)。そしてそこから指2本分ほど上にある脾兪(ひゆ)。仰向けに寝て、げんこつで刺激しましょう。難しい場合はテニスボールなどの上に寝るのもおすすめです。

3.胃の痙攣や痛みは「足三里(あしさんり)」がお役立ち

膝の外側、膝骨の下から指4本分あたりのツボで、胃痛や胃痙攣などに効果的といわれています。入浴時など体が温まっているときに押すのも良いですね。

4.ストレス解消にも◎な「合谷(ごうくう)」

手の親指と人差し指の骨が合わさる部分にあるのが合谷です。ストレスや風邪の予防、血行促進などに効果的と言われています。

ツボ押しを行う際は、痛みを感じるほど強く押しすぎないよう注意してください。自分が気持ちよいと思うくらいの強さで、息を吐きながら押し、吸いながらはなすというリズムで行ってみてください。

引用元-妊婦の胃痛の原因や症状は?効果的なツボを紹介! | Hapila(ハピラ)

twitterの反応


https://twitter.com/s_h_irokuma/status/325452431225917443


https://twitter.com/asuka_nagata/status/100205406768463872

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる