皮膚のかゆみが顔に出る原因や対処法とは?

目次

乾燥による顔の皮膚のかゆみの原因について

顔が乾燥してかゆくてたまらない!

顔が乾燥した状態というのは、お肌のバリア機能が低下していると言えます。

顔は足や手などに比べると皮膚も薄く、とてもデリケートです。
そのため、外部からの刺激を受けやすく、乾燥もしやすいのです。
乾燥してバリア機能が低下したお肌は、
余計に外部からの刺激に弱い状態になるため、
普段は何ともなく跳ね返していた刺激に反応し、顔がかゆくてたまらない!という状態が起こります。

特に目の周りや頬の辺りは皮膚も薄いため、
痒みも集中する箇所でもあります。
私もアトピーが発症していた頃は、顔の症状が一番ひどかったのを覚えています。

顔は人の目に一番付きやすい場所でもあるので、
掻いて悪化させたくない!と思うのですが、
やはり痒みには耐えられず、ついつい掻いたり刺激を与えたりしてました。
結果、炎症がひどくなり、ジクジク汁が出るようになり、
痒みは更に増すばかり・・・
負のスパイラルに陥ってしまったのです。

引用元-乾燥による顔のかゆみ対策 | 肌トラブル改善大作戦

乾燥による顔の皮膚のかゆみがある時どうしたらいい?

「顔がかゆい」の原因の中で最も多いのが「乾燥」です。
普段乾燥肌ではない人でも、季節や気温、湿度、加齢やストレスなどによっても乾燥肌になってバリア層が荒れることがあります。
そんな時、まず、洗顔は普段よりも丁寧にするのがベターですが、やりすぎもNG。
たとえば熱い湯では、肌の潤いに必要な皮脂までも落ちてしまうので、ぬるま湯で洗うこととします。
実は43℃程度の温度のお湯でも、長時間浸しておくと皮膚のセラミドが溶けてしまうとも言われるほどですから、注意が必要です。
そして、洗顔料は合成界面活性剤が入っていない、たとえば天然由来の固形石けんがよいでしょう。
 
そして、顔を洗う際は、強くこするのはNGです。
皮膚表面が傷ついて、顔がかゆい状態を悪化させます。
洗顔料を良く泡立て、こすらないように優しく洗うのがコツです。
 
洗顔後の水拭きも、タオルで強くこすると、肌への負担が大になります。
柔らかめのタオルで、肌に優しくあてていく(あてるだけです!)と良いでしょう。
 
その後のスキンケアは、低刺激で保湿成分が入った化粧水や美容液、クリームなどでしっかりと保湿ケアをしておきましょう。
乾燥肌の時の肌はバリア層が損なわれていることが多いので、普段使っている製品が肌に刺激が強いようでしたら、敏感肌用の低刺激+超保湿の製品を選びましょう。

引用元-顔がかゆいの対処法

顔の皮膚のかゆみは化粧かぶれによることも

女性の顔のかゆみと言うと、よくあるのが化粧かぶれです。
そのままにしておくと色素沈着を起こし、跡が残ってしまうこともあります。

化粧かぶれの症状

 

いつもと違うピリピリした感じや、突然ニキビが増えるなどが特徴的です。

肌の調子が悪くなり、いつもの化粧品を塗っただけでもピリピリする。
乾燥し、化粧ノリが悪くなる。
赤みが出る。
赤くはれる。
ニキビができる。
化粧かぶれの主な原因

 

新しい化粧品だけでなく、普段使っているものでもかぶれを起こす事があります。
化粧かぶれが起きる原因を3つに分けてみました。

 

原因1.新しい化粧品が肌に合わない
 

化粧品に含まれているどの成分が原因なのかを知っておくのも大切です。
知らないと、同じような化粧品を購入してしまって化粧かぶれを繰り返してしまいます。

よくあるのは、アルコール、保存料、香料、油分などです。

原因2.紫外線
 

いつもの通りのメイクやスキンケアなのに、紫外線の刺激が化粧品に反応し、急にかぶれが発生することがあります。

スキーや運動会、屋外でのスポーツ観戦など、多少の予防はしていても、思いがけず長時間紫外線を浴びてしまい、紫外線対策が間に合わなかったというような時に起こりやすくなります。

原因3.その他
 

睡眠不足、季節の変わり目、空気の乾燥、生理前のホルモンバランスの崩れ、洗顔のしすぎ、食生活の偏り、ストレス、などによって、肌のバリア機能が低下し、いつもの化粧品なのにかぶれが生じます。

状態が悪い時は、インスタント食品、スナック菓子、コーラなどは控えましょう。ひどい時は、コーヒーや紅茶なども刺激物になります。

引用元-我慢できない顔の湿疹やかゆみの原因って何?化粧かぶれや皮膚炎の対処法

汗によって顔にかゆみが出ることもある

誰でもかくのが汗なので、なぜ汗でかゆみが出てしまうのかが知りたいところです。ではどうして汗をかくことでかゆみが出てしまうのでしょうか。

皮膚の上には必ず菌が付着している状態になります。

実はこの菌はバランスが重要としていてバランスを崩すことでいろんな症状が発生してしまいます。汗には皮脂が含まれているのですが、この皮脂は空気に触れることによって酸化します。

酸化することで起きるのが肌の性質変化です。

通常は弱酸性なのですが、参加した皮脂が含まれている汗が皮膚につくことでアルカリ性に変わってしまいます。アルカリ性になることで皮膚上にある菌のバランスが崩れるようになり、とても敏感な肌に変わります。

敏感な肌はちょっとした刺激があることで過剰に反応をして痒みが出るなどの症状が発生します。なので汗をかくと痒みが出る場合がありますので、汗が出たら頻繁に拭きとってあげることが大事です。

引用元-顔が異常にかゆい時の原因は?アレルギーや乾燥には注意! | コナトキ

顔の皮膚のかゆみを日常生活から予防する

乾燥を防ぐ
かゆみの原因となる肌の乾燥を防ぐには、まず加湿器や濡れタオルなどで部屋を乾燥させないように気をつけ、エアコンを使いすぎないことが大切です。肌に優しい石けん類を使うことや熱いお湯は避けて、40℃以下のぬるめのお湯に長めにつかり、洗顔・入浴後のスキンケアをしっかりと行いましょう。コラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなどの保湿成分が入っているものがおすすめです。そして紫外線対策などを心がけ、肌を乾燥から守りましょう。

洗濯物のすすぎ、脱水をしっかりと行う
洗濯物に残されたわずかな洗剤に肌が反応し、かゆみが出ることがあります。すすぎ、脱水をしっかりと行いましょう。

食物アレルギーの制限を行う
食物アレルギーであることがはっきりしている場合は原因となる食品を制限しますが、素人判断で食事制限をすると、成長期では必要な栄養素やカロリーが不足するおそれがあります。医師の指示に従うようにしましょう。また、外食などでは、避けるべきアレルギーの原因物質が入っていないと思われるメニューでも、同じ器具を使って調理されていると、その成分が器具に残っていることがあります。不安な要素があればお店の人に確認しましょう。

アレルギーの原因を避ける
特定の薬品や金属など、アレルギーの原因となる物質がわかっているときは、その物質を避けるようにしましょう。

引用元-皮膚のかゆみ 症状・疾患ナビ | タケダ健康サイト

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる