日々の生活で健康に関した事や気になることをブログでまとめています。

健康ハウツーブログ

若白髪は治る?生活習慣改善で予防もしっかり!

      2016/04/08

若白髪は治る?生活習慣改善で予防もしっかり!

若い人に増加していると言われる若白髪ですが、

若白髪は治るのでしょうか?

どうやら、生えた髪の色が戻るということは難しそうですが、

新しく生える髪への予防などで改善できそうです。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

たまに心臓が痛い症状の正体は?考えられる原因について

たまに心臓が痛いと感じたことはありますか?人は胸のあたりが痛...

胃が痛い時の食事はどのようなものがいい?

胃が痛む時の食事は中々難しいものです。ですが、食べないという...

心臓が痛い症状や動悸など 朝起きると痛む原因とは?

寝起きに心臓の動悸や心臓が痛い症状など、感じると非常に不安に...

目の奥が痛い!吐き気もするけど症状の原因は?

目の奥が痛いほどの頭痛に悩まされたり、吐き気の症状が出たりし...

インフルエンザで目の奥が痛い?これって急性鼻腔炎?

副鼻腔炎は、蓄膿症ともよばれます。副鼻腔炎は、風邪やインフル...

朝起きたら腰が痛い!その原因とは?

朝起きたら腰が痛いことはありませんか? 一晩寝れば腰の...

花粉症による目のかゆみは子供にも!症状を見逃さないために

花粉症の症状は、今まで花粉症でなかった人もなりますし、子供で...

目の奥が痛い原因とは?眩しいのはドライアイが原因?

目の奥が痛いと感じたり、眩しいと感じることが多い時は、目の異...

花粉症の原因であるスギ植林は伐採できない?その理由は?

近年、日本国内では人口の約10%から20%が、花粉症にかかっ...

もやもや病とは?症状について

もやもや病をご存知でしょうか?症状としては脳底部に異常血管網...

肩甲骨や鎖骨が痛いのはただの関節炎?

突然鎖骨や肩甲骨に痛みを感じたということがあったら要注意。ほ...

鎖骨の左下が痛む原因は?気胸の可能性も?

普段生活していて、鎖骨が痛いと思ったら、 まずは原因を探り...

鎖骨が痛い 痛みの原因はどんなものがある?

鎖骨あたりにはたくさんの筋肉などがあります。そのため、外科的...

鎖骨の下が痛い原因は胸郭出口症候群?どんな病気?

なんだか鎖骨の下が痛むという方。肩こりなどが原因で鎖骨の下が...

尿が臭いのは病気のサイン?甘い匂いは糖尿病かも

糖尿病の初期症状として、尿に糖が混じる症状があります。 それ...

歯の矯正の金額はどのくらい?20代でも大丈夫?

最近になり20代以降の大人で歯の矯正をする方が増えています。...

背中へのマッサージは効果あり?リンパマッサージも

エステなどで背中のマッサージを受けると、とっても気持ちいいで...

アイプチでまぶたが赤い 原因や注意点について

アイプチを使用していて、まぶたが赤いと感じたことはありません...

顎関節症とは?食事中に耳の下が痛いときは注意

顎の違和感や耳の付近が痛いと感じることがある人は、顎関節症か...

足の裏のイボはウイルス性?子供にできやすい尋常性疣贅とは

子供の足の裏に魚の目のようなイボのようなものがある。それはウ...

スポンサーリンク

若白髪は治る?

若白髪を治す様々な方法が噂でありますが、残念ながら医学的な根拠があるものは1つもありません。
 
現在の医学では、一旦白髪になってしまった細胞は二度と黒い髪の毛に戻すことができないんですね。
ですので、しっかりと予防することが肝心になってきます。
 
予防方法は、酸化ストレスが原因だと言われているので酸化ストレス対策が基本となります。
 
タバコを吸っている方は、もし白髪が怖いのであれば絶対やめましょう。
 
そして、バランスの取れた食事と適度な有酸素運動が勧められます。
特にビタミンB12が足りないと白髪が増えることが知られているので注意しましょう。
 
こうやって見てみると、白髪もメラノサイトの老化なので、一般的なアンチエイジング法と比べて特別なことはあまりないようですね。
 
白髪が生えているのを見つけた場合には、周囲のメラノサイトにダメージを与えないためにも短く切るのがよいようです。

引用元-若白髪を改善!なぜ生えるのか原因と対策をご紹介! | neta-life【ネターライフ】

若白髪の原因を知ろう

若白髪というのは、通常30代からちらほら出てくるはずの白髪が10代や20代で出てきてしまうことです。

髪って基本は黒いですよね。そのメカニズムですが、髪の根元部分の毛母細胞の中のメラノサイトsというところでメラニン色素が生成されることによって黒い色になっているわけです。そしてその色素を生成する際に必須となるチロシナーゼという酵素があるのですが、白髪が出てきてしまうということは、何らかの原因でそのチロシナーゼが減少してしまっているということになりますね。ですから、身体の根本的なところを改善していかないと白髪の対策にはならないということですね。

年齢を重ねるごとにだんだんと白髪が増えていくのは、老化するとチロシナーゼが徐々に減少していくからなんですね。

引用元-10代/20代の若白髪の原因と効果的な治し方・遺伝が関係してるって本当? | こととき

若白髪の改善は身体の健康から

白髪の原因は、血液中の栄養が足りなくなることからはじまります。血液自体の栄養が足りなければ、メラノサイトまで栄養が届かなくなり、色をつける命令が出なくなるのです。白髪にもう一度色をつけるためには、メラノサイトまで質のいい栄養を運び、メラノサイトを元気にしてあげる必要があります。

メラノサイトをもう一度元気にするためには、偏った食生活の改善や、睡眠、生活習慣を改善する事から始まります。「そんな基本的なことで直るの?」と思われたかもしれませんが、そんなあたりまえの事を、当たりまえのようにこなせている人が、どれほどいるでしょうか?

食事・睡眠・運動、これら全ては、あなたの体を作り上げる上で、とても大切な要素です。あたりまえすぎて忘れていた大切な事を、もう一度見直すことで、体が健康になり、白髪を改善する事ができます。

偏った栄養ばかりを体に入れていたら、偏った栄養しか取り入れることができません。体が冷えていれば、血流が悪くなり、メラノサイトまで栄養が届かないのです。まずは食事を見直して、質のいい栄養を取り入れること。そして、運動をして、質のいい栄養を、メラノサイトまで届けてあげましょう。

そんな働きが一番活発になるのが、睡眠中です。しっかり睡眠をとって、細胞をリニューアルすることで、衰えていたメラノサイトの働きを活発にする事ができます。メラノサイトが元気にあれば、色を付けるための命令が、あなたの頭皮の中をどんどん飛び交うはずです。

何気なく過ごしている毎日の習慣を変えていくだけで、白髪を改善する事ができます。毎日の習慣をもっとも効率よく過ごしていくことで、白髪改善の効果もアップします。

引用元-予防だけじゃない!諦めていた白髪が黒髪に!毎日できる6つの習慣

若白髪の予防に食事面から改善

油っこいもの、ファストフードなど、血液の流れが悪くなるようなものを控えるようにしましょう。また、髪を黒くしたり、健康にしたりする栄養素が不足しないようにしてください。

白髪の改善に効果のある栄養素と、それを含む食べ物をご紹介します。

〈白髪の改善に効果のある栄養素〉
・タンパク質……髪の毛は主にタンパク質からできています。タンパク質には、動物性と植物性の2種類がありますが、動物性タンパク質は、摂り過ぎると内臓脂肪を増やすことがあります。動物性タンパク質も植物性タンパク質も、バランス良く摂るようにしましょう。

〈食べ物例〉
・動物性タンパク質――肉、魚、卵
・植物性タンパク質――豆腐、納豆

・ミネラル(銅)……銅が不足すると、メラニンが生成される働きが機能しなくなってしまいます。

〈食べ物例〉
ココア、アーモンド、カシューナッツ、カボチャの種、クルミ、ピスタチオ、アンコウの肝、牡蠣(かき)、サクラエビ、牛レバー など

・ビタミンE……ビタミンEは、血液の流れを良くするため、毛根へ栄養を運ぶ働きを活発にしてくれます。

〈食べ物例〉
あんこうの肝、モロヘイヤ、いくら、アーモンド、ヘーゼルナッツ など

・ビオチン……ビタミンHとも呼ばれます。髪の健康を維持し、毛細血管を太くし、さらに頭皮の新陳代謝が活発化されるため、血行が促進されます。

〈食べ物例〉
あさり、ししゃも、かつおぶし、バターピーナッツ、卵黄、青のり など

※髪に良いからといって、そればかりを摂るのではなく、栄養が偏らないようにすることが大切です。

引用元-若白髪の原因は5つ!「増やさない・減らす」若白髪の対策方法

若白髪の予防にストレスを溜めないこと

ストレスは人それぞれ、様々な原因があります。ここでは誰にでも効果のあるストレス解消法をお教えしましょう。

まずは適度な運動。運動はストレス解消になるだけでなく、血行促進や免疫力向上にも役立ちます。白髪だけでなく、体全体の健康も引き出してくれるのです。

白髪が目立つこと自体もストレスとなります。一時的な対処法として、白髪染めを使うというのもいいかもしれません。白髪を一旦隠し、堂々と生活できることで悩みがなくなり、いつの間にか白髪が治っていた、というケースもあるようです。ぜひ一度試してみてください。

引用元-遺伝や病気だけじゃない!若白髪の改善方法|メンズスキンケア大学

 - ハウツー, 生活, 美容

ページ
上部へ