日々の生活で健康に関した事や気になることをブログでまとめています。

健康ハウツーブログ

頭痛の原因って子供と大人は違うの?偏頭痛と診断された時の対処法とは?

      2016/04/14

頭痛の原因って子供と大人は違うの?偏頭痛と診断された時の対処法とは?

頭痛を訴える子供が増えています。

原因を知ることで、子供の頭痛の予防や対処をしましょう。

子供の頭痛の原因とは?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

たまに心臓が痛い症状の正体は?考えられる原因について

たまに心臓が痛いと感じたことはありますか?人は胸のあたりが痛...

胃が痛い時の食事はどのようなものがいい?

胃が痛む時の食事は中々難しいものです。ですが、食べないという...

心臓が痛い症状や動悸など 朝起きると痛む原因とは?

寝起きに心臓の動悸や心臓が痛い症状など、感じると非常に不安に...

目の奥が痛い!吐き気もするけど症状の原因は?

目の奥が痛いほどの頭痛に悩まされたり、吐き気の症状が出たりし...

インフルエンザで目の奥が痛い?これって急性鼻腔炎?

副鼻腔炎は、蓄膿症ともよばれます。副鼻腔炎は、風邪やインフル...

朝起きたら腰が痛い!その原因とは?

朝起きたら腰が痛いことはありませんか? 一晩寝れば腰の...

花粉症による目のかゆみは子供にも!症状を見逃さないために

花粉症の症状は、今まで花粉症でなかった人もなりますし、子供で...

目の奥が痛い原因とは?眩しいのはドライアイが原因?

目の奥が痛いと感じたり、眩しいと感じることが多い時は、目の異...

花粉症の原因であるスギ植林は伐採できない?その理由は?

近年、日本国内では人口の約10%から20%が、花粉症にかかっ...

もやもや病とは?症状について

もやもや病をご存知でしょうか?症状としては脳底部に異常血管網...

肩甲骨や鎖骨が痛いのはただの関節炎?

突然鎖骨や肩甲骨に痛みを感じたということがあったら要注意。ほ...

鎖骨の左下が痛む原因は?気胸の可能性も?

普段生活していて、鎖骨が痛いと思ったら、 まずは原因を探り...

鎖骨が痛い 痛みの原因はどんなものがある?

鎖骨あたりにはたくさんの筋肉などがあります。そのため、外科的...

鎖骨の下が痛い原因は胸郭出口症候群?どんな病気?

なんだか鎖骨の下が痛むという方。肩こりなどが原因で鎖骨の下が...

尿が臭いのは病気のサイン?甘い匂いは糖尿病かも

糖尿病の初期症状として、尿に糖が混じる症状があります。 それ...

歯の矯正の金額はどのくらい?20代でも大丈夫?

最近になり20代以降の大人で歯の矯正をする方が増えています。...

背中へのマッサージは効果あり?リンパマッサージも

エステなどで背中のマッサージを受けると、とっても気持ちいいで...

アイプチでまぶたが赤い 原因や注意点について

アイプチを使用していて、まぶたが赤いと感じたことはありません...

顎関節症とは?食事中に耳の下が痛いときは注意

顎の違和感や耳の付近が痛いと感じることがある人は、顎関節症か...

足の裏のイボはウイルス性?子供にできやすい尋常性疣贅とは

子供の足の裏に魚の目のようなイボのようなものがある。それはウ...

スポンサーリンク

子供の頭痛について

子どもが学校で訴える症状のなかで、頭痛はよくみられる症状のひとつです。
いわゆる風邪の症状として発熱を伴う頭痛のときは保健室で休ませてもらえるのですが、例えば、授業中に片頭痛が起きて、本人はとてもつらいのに、サボろうとしていると見なされたり、熱がないからと保健室から教室に返されてしまうケースも少なくありません。
とくに体育の授業の後などは血行がよくなることで血管が拡がり頭痛が起こることがあるので、そういったときは頭痛が治まるまで保健室でしばらく休ませます。周囲の大人が子どもの頭痛に注意を払い、担任の先生や養護教諭の理解を求めることも大切です。
主治医に「頭痛が起きたら保健室で休ませてください」といった内容の”頭痛持ち証明書”を書いてもらうなどの方法も考えましょう。頭痛が原因で不登校になる児童も見受けられます。子どもの頭痛の専門家が少ないこともあって、先生や周囲の大人の理解が必要不可欠です。

引用元-子どもの頭痛 | いろんな頭痛 | スッきりんのバイバイ頭痛講座

子供に多い偏頭痛の特徴について

子どもの場合、もっとも多いのは片頭痛です。ただし、子どもの片頭痛は大人の片頭痛とは症状の出方や痛みの感じ方が異なるという特徴があります。

大きく分けて違いは3つです。

1つ目は、頭痛の持続時間が短いこと。1時間ほどでケロッと治ってしまうことがあるので仮病だと思われてしまうことも少なくありません。

2つ目は、痛みの部位が頭の両側(前頭側頭部)である場合が多いこと。大人の片頭痛は片側だけがズキンズキンと脈に合わせて痛みますが、子どもの場合は頭全体が重く締め付けられるような痛みを感じることが多いのです。

3つ目は、光や音に敏感になり体調不良を訴えたり、腹痛や吐き気などの腹部症状が多いこと。中には頭よりお腹が痛いという症状を強く訴える場合があります。

子どもの頭痛の多くは遺伝的なものだと考えられており、特に母親が片頭痛持ちだと、娘も同様に片頭痛になる確率が高くなります。こうした遺伝的要因に環境因子が加わることで発症しやすくなるといわれています。

片頭痛は血管の拡張が原因で起こるので、血行がよくなる体育の授業の後などは頭痛が起きやすくなります。子どもが片頭痛を訴えたら首や額を冷やし、保健室で安静に休ませることが大切です。

引用元-子供でも頭痛持ちになる?子供の頭痛の原因・予防法 | ヘルスケア大学

子供の頭痛の原因について

もし、病院に行き「片頭痛」であることがわかったら、頭痛の原因を探してください。
子どもが片頭痛を起こしやすい原因としては以下の理由が考えられます。

長時間、変な姿勢でゲームをやっている
小型のゲーム機などを長時間やっている
食生活(栄養バランス)に偏りがある
ストレスを溜め込んでいる
首の骨が歪んでいる
最近の子どもはゲームやパソコンを長時間続けてやっている子が増えてきています。また、ゲームだけでなく変な体勢で本を読んだり、テレビを観ている子も要注意です。

姿勢が悪いと、肩こりや体の筋肉が緊張してしまい頭痛を引き起こす原因となります。
子どもの姿勢には注意が必要です。

また、お子さんが食べ物の好き嫌いが激しい場合は、栄養不足が原因となり血行不良が起こっている可能性があります。お母さんは栄養バランスを見直して、必要な栄養がしっかりと取れる献立を考えてください。

引用元-子どもの頭痛|頭痛の原因・解消ガイド

子供の頭痛の原因は大人とは違う

頭痛以外の症状が見られない場合は、その他に疾患があるといった心配をする必要はありません。

ただ、大人の頭痛の起こり方とは若干異なるところがあり、にわかには頭痛が起きていると判断しにくいところもあります。

ついつい大人の頭痛の起こり方に当てはめてしまい、改善方法も自分に行っているのと同じような処置を取ったり、または子供の頭痛の訴えをはねのけてしまったりするケースも少なくありません。
子供には子供の頭痛の特徴や原因があることを知っておく必要があるでしょう。

子供の頭痛の原因と特徴について

大人に起こる頭痛とは違った表れ方を見せる子供の偏頭痛ですが、子供は大人にその症状を訴えるしか方法を持ちません。

しかし、自分がどのような状態にあるかうまく伝えられないことが多いのが子供ですから、そばについている大人が様子を詳しく見ておくことが大切なのです。

まずは、子供の頭痛に見られる特徴を見ていきます。

子供に起こる頭痛には独特なものがあります

子供の頭痛の特徴が大人の頭痛には見られないものであるため、ともすれば見過ごしがちになるのです。
ついさっきまで特に問題なく元気に過ごしていた子供が突然頭痛を訴えることがあり、大人から見れば仮病ではないかと疑ってしまうこともあるのです。

しかし、子供の偏頭痛に前触れや初期症状などは表れないのが通常であるとされており、判断に迷うこともありますが、今子供が抱えている症状を詳しく聞いてあげるのが第一となります。

引用元-子供の頭痛の原因と症状は、大人とは違います | 頭痛外来の福岡自律神経カイロプラクティック

子供が偏頭痛と診断された時の対処法とは

偏頭痛の対処法は、まずその誘発因子を取り除くことです。誘発因子には人混みや強い光、騒音、ニオイ、テレビゲームなどがあります。
その他にも一定の飲食物(チョコレートやチーズなど)があげられます。また、低血糖は偏頭痛の引き金となるため、食事はしっかりと摂るようにしてください。
寝不足、あるいは寝すぎも偏頭痛の原因となるので注意が必要です。万が一頭痛発作が起きたら、暗い静かな部屋で休ませましょう。学校の場合は無理せず、すぐに保健室で休ませるようにします。
また、子供が偏頭痛持ちであれば、あらかじめ担任や養護の先生にその旨を話しておくといいでしょう。
COLUMN:こんな子は偏頭痛になりやすい!
乗り物酔いをしやすい、喘息やアレルギーがある、低血圧気味で立ちくらみを起こす、家族(特に母親)が偏頭痛を持っている・・・という子供は偏頭痛を起こしやすいそうです。
実際、偏頭痛の一種とされる「自家中毒」は家族歴がある子供に多くみられます。この場合、吐き気や嘔吐が前面に出るため、偏頭痛が見逃されているケースもかなりあるといえるでしょう。
偏頭痛を起こしやすい要素があれば、あらかじめその誘発因子を取り除くなどの工夫が必要です。

引用元-子供の偏頭痛|ひよこ3兄弟の【偏頭痛対処室】

 - ハウツー, 健康, 生活

ページ
上部へ