妊娠初期の気になる尿の色の原因について

妊娠初期に尿の色が濃い原因と対策について

妊娠初期に尿の色が濃い原因

 
 
妊娠初期に尿の色が濃くなる一番の原因というのは水分不足が挙げられます。
 
 
尿は体内の水分が多いほど、薄くなり無色に近くなります。
逆に水分が少ないと尿の色の元のアンモニア濃度が上がり、濃い色になります。
 
 
特に妊娠初期は汗をかきやすくなり、またつわりや下痢などが
ある人はそれだけで水分が不足してしまい尿が濃くなります。
 
 
また朝起きて尿の色が濃いのも、睡眠中は水分をとらないからなのです。
 
 
妊娠初期の尿の色が濃い対策

 
 
尿の色が濃いことじたいはそこまで問題はなく、しっかりと
対策すれば改善していくので安心してください。
 
 
妊娠初期に尿の色が濃いというのは水分不足のサインとされますので
基本的に水分を摂取するようにして対策します。
 
 
妊娠中の水分は約1.5リットル~2リットル必要ですので
しっかりと水分を摂取するようにしてください。
 
 
また血液がドロドロとして不要な老廃物が多いと
尿内にもたくさん老廃物が混じり色が濃くなる傾向にあります。
 
※カフェインなども尿の色を濃くします、妊娠中はあまり摂取しないことを勧められます。

引用元-妊娠初期に尿の色が濃い原因と対策について!

妊娠初期にはトイレの回数も増える理由について

膀胱が圧迫されるため

妊娠が成立すると子宮が大きくなり始めます。

妊娠超初期ではその変化は大きなものではありません。
それでも子宮が膀胱を圧迫し、トイレの回数が増えるようになる人もいます。

実際に夜中に尿意で目が覚めることも。
回数が増えると「さっきトイレに行ったのに」と不便に感じることもあるかもしれませんね。
ですが、膀胱炎を防ぐためにも我慢せずにトイレへ行きましょう。

また、「トイレが近くなるから」と水分を減らすことは避けましょう。

腎機能の活性化

妊娠により、血流が増えたことで腎機能が活発になります。
そのため尿の量が増えるので、トイレの回数が増えるのです。

つい、水分を減らしてしまう方もいるようですが、あまり良くありません。
出た分はしっかりと水分補給しておくことが大切です。

引用元-妊娠超初期はトイレが近くなる?2つの原因と4つの変化について | Baby Happiness! <ベビハピ!>

妊娠を見分ける?超妊娠初期には出血を伴う事も

超妊娠初期におこなわれる着床によって、出血を伴うことがあります。

これは広く妊娠出血と呼ばれていますが、受精卵が子宮に着床する際に、絨毛(ジュウモウ)という細長い糸のようなものが子宮壁に傷をつけることで見られる出血のことをいいます。

この妊娠出血は、痛みも同時に感じることがあります。

この出血は生理時の出血のような褐色とは違って、鮮明な色をしています。

子宮内膜などと混ざることも多く、場合によってはピンク色をしています。また、人によっては薄い茶色ということもあるようです。

生理の出血と勘違いしてしまいそうですが、この着床時の出血は少量です。痛みを感じることもありますが生理などとは異なり、軽い短時間の痛みです。

時期が近いために生理と勘違いする方も多いですが、事前に理解しておくことで比較的判断しやくなります。

引用元-超妊娠初期を見分ける10の兆候と超妊娠初期の基礎

妊娠初期の尿の色が赤い時の原因と対策について

おりものが茶色になったり 鮮やかな血の色をしている尿が確認できたときには、【流産】が原因として疑われますので、適切な対処法を取り、原因究明のためにも医療機関への受診が必要です。

その際には、詳しい状況を医療機関へ伝えることも原因究明に必要となります。

引用元-【妊娠初期】 茶色の出血や尿が赤い時の原因と対処法は? | 妊娠育児ライフ

戦後の日本においては、敗戦国からの高度経済成長期があったからこそ今日の日本の繁栄があります。高度経済成長期には、人口も爆発的に増加して日本の出生率はかなり高い数値を示していました。

終戦から70年を迎える2015年においては、出生率の減少が社会的な問題となっています。その理由に【晩婚化】や【経済的な不安】など様々な要因が考えられています。

妊娠については昔から「神様からの授かりもの」として神秘的なイメージがあります。お腹に授かったときから、たっぷり愛情を注いで 大切に育てていきましょうね。

引用元-【妊娠初期】 茶色の出血や尿が赤い時の原因と対処法は? | 妊娠育児ライフ

つわりの時期の尿の色にも注意

つわりの時期は水すら受け付けなくなってしまう方や、水分を補給しても吐いてしまう方が沢山いらっしゃいます。
そのような状態が続くと、自分でも気づかぬうちに「脱水症状」を引き起こしている可能性があるのです。
身体が水分不足の状態の時の尿の色は、明らかに普段の色とは違います!

正常な尿の色が黄色~琥珀色の無色なのに、脱水症状を起こしている時は濃い黄褐色の尿なのです。
つまり体内の水分不足によって、尿が凝縮されていることになります。
普段より尿の色が濃くなっていることに気づいたら、積極的に水分補給をすることをオススメします。

けれど、どんなに水分を補給しても濃い黄褐色の尿が改善されない場合は、つわりが重症化する「妊娠悪阻」の可能性があります。
重度の妊娠悪阻にかかると、入院治療が必要な場合もありますから病院を受診されたほうが良いでしょう。

引用元-妊娠してつわりが出たの時の尿の色

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA